敏感肌化粧品にはこだわろう|成分が全く違う

肌を綺麗にできる成分

手

ビタミンc誘導体にはいくつかの種類がありますので、自分の悩んでいる肌トラブルに対応できる種類のものを選ぶことが大切です。水溶性のものはシミやそばかすの改善に有効で、油溶性のものはニキビ跡の改善に良い効果があります。

もっと読む

肌状態を良くするために

スキンケア

美肌を保つためには、肌の保湿が大切です。保湿をするには、自分の肌に合った化粧水を塗ると良いです。コットンを使ってパッティングするように化粧水をなじませることで、むらなく肌全体にいきわたらせることができます。

もっと読む

敏感肌が求める刺激レス

スキンケア用品

生薬の力が評判

敏感肌化粧品には美容成分にこだわり、美肌成分として古くから伝わる生薬のパワーが応用されており、人気を集めています。和漢植物エキスが配合されている敏感肌化粧品は、今起こっている肌トラブルを治す薬用の化粧品と比べ、全体のコンディションを整えて自然治癒力を高めていくなど、肌に穏やかに優しく作用する点が評価されています。特に人気を高めるのは、スキンケアで最も重要視される潤いをチャージするための化粧水です。健康と美容に効果的な成分として、ハトムギエキスは保湿効果や肌荒れ改善など、敏感肌向けの効果が期待でき、拭き取り化粧水としても、さらに様々な和漢植物を原料にしていることもあり、ボディローションとしての使い方も支持されています。

美容と有効成分の使い分け

敏感肌化粧品にも美容成分や有効成分が配合されており、美容成分は乾燥やくすみなどの肌悩みに対応しており、有効成分はある特化した肌悩みに対し、効果や効能が明確であるのが特徴です。敏感肌化粧品は有効成分を含むのが特徴の1つで、例えば、肌荒れやニキビなども敏感肌のトラブルに挙げられていますが、改善させる化粧品もラインナップされています。特に意識すべきは皮膚の水分保持能力で、角層内に水分を保つ能力を指しており、セラミドに着目する必要があります。乾燥などでダメージを受けることでセラミドが角層組織から減少したり、機能が低下してしまうため、様々な肌トラブルを引き起こします。敏感肌化粧品では、充分に成熟した細胞が均等に剥がれる肌のターンオーバーが正常化されるため、水分量やバリア機能を向上させることができます。

シミやシワを防ぐために

基礎化粧品

ビタミンcには、酸化によるシミやコラーゲン不足によるシワを防ぐ効果があります。しかし空気に触れると酸化するので、化粧水には酸化しないようにリン酸化したビタミンc誘導体が配合されています。これは、肌のホスファターゼに触れることでビタミンcに戻ります。また、皮脂の除去後に使用すると浸透しやすくなります。

もっと読む